2013年05月30日

スポーツアコード

P1030835.JPG







スポーツアコード総会でロシア、サンクトペテルズブルグにきています飛行機囲碁もチェスと同じく国際的には”マインドスポーツるんるん”と称され、2006年からスポーツアコード(国際スポーツ協会連合)に加盟しています。

P1030821.JPG







年に一度のスポーツアコード総会に合わせて様々な国際スポーツ会議&コンベンションが開かれます。2020年オリンピック誘致に候補の三都市(東京、イスタンブール、マドリッド)をはじめ、採用種目の選考会議にむけてレスリングや他スポーツ協会がブースを構え賑やかにPR〜exclamation

P1030810.JPG







一緒に会議に出席するトーマスさんは大の日本ファン黒ハートレスリングの吉田選手を発見し大興奮exclamation&questionの2ショット〜ぴかぴか(新しい)

P1030828.jpg









テレビで拝見するよりずっと小さくて、かわいらしい吉田選手でした手(チョキ)

今の時期、夜中12時頃まで明るいサンクトペテルズブルグ。沈まぬ太陽についつい夜更かしをしてしまい、日中眠くてたまりません〜眠い(睡眠)

重野 由紀



posted by トッポリーノ at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

思いがけない手紙

先日、「無名の一般市民」様よりお封筒が届きました。

差出人名もないのでちょっと不思議に思いながら封を開けてみると、
「認知症の予防と改善のすすめ」「カキのタネ(お菓子じゃないよ)」との内容。

認知症に良い食材のことや、気をつけるべきことが記載されていました。

囲碁も認知症予防にはとても良いものです。
というより囲碁をしている人で認知症になった方をお見かけしたことは今までありません^_^;

みんな元気で生き生きと囲碁を楽しんでいます。

囲碁は頭のスポーツなので、いつまでも健康な脳でいられるんでしょうね(^^)
posted by トッポリーノ at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

春休み子ども囲碁塾

12_large.jpg







サクラも満開晴れ春休みに入りましたexclamationちびっ子たちが待ちに待ったるんるん三日間の囲碁塾(3/27-29)が東京、日本棋院で開催中ですぴかぴか(新しい)
3_large.jpg







囲碁初挑戦の入門クラスから九路盤、13路盤、19路盤と棋力に応じクラス別のレッスンでするんるん

6_large.jpg







13路盤クラスではみんな夢中で棋譜並べ!

15_large.jpg







入門クラスは親御さんも参加手(チョキ)子どもと一緒に囲碁を勉強しますわーい(嬉しい顔)どのクラスも熱気でいっぱい&みんな楽しそうぴかぴか(新しい)

ますます囲碁が好きになってくれるといいですね〜ハートたち(複数ハート)

posted by トッポリーノ at 16:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

第16回中部こども大会

P1030702.JPG







毎年春の訪れと共に晴れ待ちに待った子ども大会が今年も3月16.17日両日開かれました〜exclamation

P1030706.JPG







入門クラス&九路盤クラスから『ゆうちょ杯』代表選考会まで、8クラスに分かれて300人以上が大集合しましたるんるん

P1030705.JPG







最年少!羽根プロ末っ子(1才)もお母さんに抱かれて見学です手(チョキ)それぞれに真剣な表情、眼差しに胸が熱くなりましたハートたち(複数ハート)これからもいっぱい、いっぱい囲碁を楽しんでねぴかぴか(新しい)

posted by トッポリーノ at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

小学校教育に囲碁!

小学校教育に囲碁を取り入れる動きが、東京、大阪を中心に広がっている。
教え方という点では素人に近いプロ棋士に囲碁教育のノウハウを広げ、
さらに子どもたちと比較的年代の近い、若くて優秀なアマ指導者を育成していくことが急務となりそうだ。

そんな記事が新聞に載っていたと耳に入った。

囲碁は子どもにとって、囲碁はとても良いものです。
右脳を活性化し、忍耐力、考察力、洞察力、人間力 etc...などを育て、
今後の人生において様々な場面で役立っていく。

昔から、「囲碁はおじいちゃんの道楽」というイメージがあるが
韓国では間逆で「囲碁は子どもがするもの」と認知されているらしい。

漫画「ヒカルの碁」の一過性ブームがあったが、
ブームで終わらず教育の場で囲碁が子どもに浸透していくことは
今後の未来を担う子どもたちにとって、必ずプラスのことだと思います。

まじめな話になってしまいましたが、記事の内容がとてもうれしかったので
投稿した次第です(^^♪
posted by トッポリーノ at 10:31| Comment(1) | 囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。